Life!

c0191972_1019833.jpg

『Life!』にはまっている。
NHKのコント番組の存在をごぞんじだろうか?



TVもコントもあまり興味がない私であったが、
「おもしろいんだよね〜」という友人トンのつぶやきを思い出し、
You Tubeで見てみたら、あなた!

それからもう、Life! の動画なしでは
一日は始まらず、そして終わらないじゃないの。
健康的な中毒性にやられっぱなしである。
c0191972_10231944.jpg

好きなキャラを何度も繰り返し見ているので、
台詞や言い回しもほとんど頭に入っている。
Life!試験なるものがあったら、かなりの高得点が期待できる。
なんの役にも立たないけれど、
世界を救うのは笑いなのだ!きっと。

特にはまっているキャラを5つご紹介。
知らない方は予習としてご活用ください。笑


●+車掌

なんでわざわざこんな節をつけて言うか、
ニッポンの車掌さん独特のあのイントネーションが
不思議でならなかったのだが、その違和感を
みごと快感に変えてくれた男、田中直樹。

「ただいまより〜 切符を拝見するとともに」の
「と〜♪も〜♪に♪」という節回しが絶妙だ。
そのあとのキャストいじりも
メンバーの日常や素が垣間見えて楽しい。



●ウソ太郎

鮨屋の大将のウッチャンが、星野源演じるウソつきの弟子を
普通なら破門、即刻クビ(ってか最初から雇わない!?)のところを
「おめえはよう」と感じ入る姿におかしみが。
その間のウソ太郎のアホっぷりにも、
星野源という男のすごさを感じずにはいられない。

中でも、ネタを忘れ、シャリだけ握って客に出すシーンは外せない。
普段なら謝るところを
「まだ握っているところでしょうがああ〜!」と
ウッチャンがお客に逆ギレするところがたまらない。

北の国からの「まだこどもが食べてる途中でしょうがああ〜!」
と重なって(パロディー!?)、二倍におもしろい。


●彦助・彦美

石橋杏奈はただの美人なだけじゃない。
法廷に証人として出廷する回は見逃せない。

「ウッカリウッカリ」ポンポン
「ウッカリウッカリ」ポンポン
「ウッカリウッカリ」ポンポンポン、
と塚地扮する裁判長がつられて、
小槌でリズムをとってしまうシーンは
何度見ても吹き出してしまう。


●囲み取材

ゲスニックマガジンの西条扮する田中直樹。
ちがう、田中直樹が扮する西条だ。
もうどっちがどっちかわからないほどの
みごとなまでの役との一体感。
もうこれ憑依じゃないの?

人生につかれた時に見て!
深刻に生きるのがアホらしくなるほどのゲスっぷりだから。

「う〜そ〜だ〜ね」「い〜い仕事だな〜」「こわいこわいっ」
お約束のこの台詞たち、実生活でも使ってみたい。
田中直樹、すごい、このテンション、
このなりきりぶり、まじでリスペクトしている。


●ムロ待ち

ムロツヨシを待つ若い女性ファンたちと黄金原聡子の
新参と古参の対決が笑える。
シソンヌじろう扮する黄金原聡子が発する
「ねえ、ちゃんとして♪」という言葉をきくたび、
おのずと腹筋運動ができてしまう。
黄金原聡子、滑石のダンクユーあたりにもいそう。


以上、好きなキャラ5選でございました。
すでにファンのみなさん、どこかかぶっていたらうれしいな。

誰しも多かれ少なかれある心にあるだろう違和感や
ゲス的毒素、ウソ、ウッカリといったものにフタをせず、
笑いに変換して昇華させようというその心意気がすばらしい。

「NHKなんで」
ゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・ディレクター
三津谷寛治の声が聞こえてきそうだ。
c0191972_10233771.jpg

笑う角には福来る。
忙しい時こそ、笑おうではないか。

いま、私の周りには、友人のトンひとりしか
Life!ファンがいないのがさびしい。
トンとの会話の95%がLife!である。
10人くらいになったら、Life!友の会を結成しようかな。
c0191972_1024996.jpg

その前にサンタさん、私にDVDをください。
もうYou Tubeは見つくしたのです。

さあ、長崎写真展まであと1週間。
あすは太宰府展示作業。
Life!パワーでくだらないことで笑いつつ、駆け抜けるぞう!

1/2〜31
北欧家具『Object CPH』(オブジェクト・コペンハーゲン)

長崎市元船町9-12
tel:095-811-5150
OPEN 11:00 CLOSE 19:00
火曜定休 店舗に数台は駐車できます。

1/6〜2/12
絵本の店『あっぷっぷ』
※1/29(日)2pm ギャラリートーク(予約始まっております)

福岡県大宰府市大佐野1-6-30(ニトリ太宰府店横)  
tel 092-919-6300
OPEN 10:00 CLOSE 18:00 火曜定休


こちらはオリツサンタが送ります。

[PR]
by 55ritsuko | 2016-12-25 10:25

RITSUKO NISHIZAWA  photographer。中学教師18年→カナダ生活6年→故郷長崎を拠点に世界を旅する。


by 55ritsuko
プロフィールを見る
画像一覧