feel!

c0191972_20235049.jpg

いつの間にやら、もう6月。





今年は3月あたりからずっと走り続けだったので、
この梅雨の空模様もなんだか落ち着いていい感じのオリツである。

写真展の残務整理はまだまだあるのだが、
先日ちょっと時間を見つけて、相棒(?)のピエールとちょっと伊王島へ。
c0191972_2133243.jpg

まずはフェリーターミナルの南蛮亭で、名物ごぼ天うどんにビールで乾杯。
「いざ、長崎のエーゲ海に浮かぶ伊王島へ〜」と盛り上がる。

船に乗り、誰もいない2Fのラウンジテーブルに座る。
「おお、貸し切りだね〜」
「いいっすね〜。隣にかわいいおねえちゃんがついてくれたら最高です」
「よかったね」(ドスンと隣に座る)
「・・・ああ・・・」(深く椅子に沈んでいくピエール)
c0191972_20381039.jpg

港に着き、お風呂まで、オリーブ畑をてくてく歩く。
「俺、なんで休みの日に、こんなところまで先生と来てるんすかね」
「何言ってんのさ。未来の彼女とのデートの予習をしてるんでしょ」
「ああ、ずっと予習ばっかりだったらどうしよう」
「えっ、今、なんて言った?言葉は実現化するんだよ」
「先生のおかげで、つれて行くところがいっぱいできて、ホントしあわせです」
「よし」
c0191972_20234040.jpg

そんなこんなの梅雨の時期であるが、インドアライフを充実させたいなら
図書館なんてステキじゃないの〜!?
それも今、注目スポットってったら、武雄市図書館だ〜!
というわけで、次なる『What a Wonderful World!』の舞台はここ。
c0191972_1955286.jpg

そう、この武雄市図書館でのフェアがもうすでに始まっているんであります。
期間は6/1〜23(日)。
先日、江平中の教え子、美穂子のサポートのもと
ポストカード、フォトアクリルやスクエアキャンバス作品の搬入を済ませ、
こんなコーナーができあがった。
裏側にもほら。
c0191972_20192525.jpg

お隣の長崎っ子のオリツのためにここまでしてくれてありがたいねえ。
ビバ佐賀県!九州万歳!
c0191972_19162036.jpg

それにしてもここが市の図書館ってのがすごいよね。
市の施設でありながら、経営はTSUTAYA。
ってわけで、貸し出しだけでなく、販売もしてる
全国に先駆けた新しい図書館のロールモデルなのじゃ。
オリツも大好きな代官山蔦屋をお手本としているらしい。
c0191972_19153686.jpg

平日にもたくさんの人が集まり、リニューアルオープンした4月の1ヶ月で、
半年間の来館目標数を突破してってのもわかる。
立役者の樋渡市長さん、会ってみたいな。

館内にはスターバックスもあるので、
コーヒーを飲みながら本の世界にひたれるってわけだ
なんてワンダフル〜。
c0191972_1916547.jpg

年中無休で9am-9pm オープン。
これまでの図書館の「枠」というものがここにはない。

「そんなこの空間だからこそ、したい話をしてみよう!」

というわけで、フェアの最終日6/23(日)は、
スライドトークをすることに。
c0191972_19163879.jpg

『think より feel!』
〜写真も人生も枠を外してより自由に〜

写真も生き方も自分自身を解き放ち、自由な発想で世界を見ることからすべてが始まる。
自分らしい写真を撮るヒントや枠を外して自由に生きることの楽しさなど、
カナダやフィンランドの写真とともに語ります。



日時:6月23日(日) 2pm-3:30pm
会場:武雄市図書館内 メディアホール
定員:50名
参加費:無料(※整理券制=図書館カードが必要です)
c0191972_2343343.jpg

オリツ節炸裂の予定ですので乞うご期待!?
図書館カードを作るには、免許所などの身分証明書が必要なのでおどうぞ忘れなくデス。
整理券は6/1から配布しているとのこと。

だれかのちょっとしたひとことで楽になれたり、
一歩踏み出す勇気につながったりすることもある。
そんな時間になれば、that's my pleasure。

さあ、新しいワクワクにむけていざ発進。
[PR]
by 55ritsuko | 2013-06-02 19:21

RITSUKO NISHIZAWA  photographer。中学教師18年→カナダ生活6年→故郷長崎を拠点に世界を旅する。


by 55ritsuko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31