アソビゴコロ

c0191972_20572.jpg

自分の笑い声で2回続けて目をさましたきのうの朝。





夢の中で、ピエール(教え子・北欧家具屋店長)がおもしろい(言いたいけどさすがに言えない)格好で出てきて、
爆笑してたら目が覚めた。

「ああ、ケッサク〜!」とにやけながら眠ってたら、またもやピエール登場。
「あんた、さっき夢におもしろいカッコででてきて笑わせてもろうたよ」
とまた笑ってるところで目が覚めた。
c0191972_2073276.jpg

なぜオランダにきてまで、ピエールの夢を見るのであろうか?
何かの予知夢!?

さて、イギリスでモノクロに開眼したのなんのと言ってたおりつであるが、
オランダにもどってきてからはオールカラー。
だって、この国、歩いてるといろんな色が飛び込んでくるだよ。
c0191972_20131757.jpg

この国で感じたのはあそびごころってやつ。
自転車もおうちの窓もそれぞれに楽しく飾ってる。
自分のためにだれかのためにちょっとあそびごころを加えるっていいよね。
c0191972_20184596.jpg

それにしてもてっきり「飾り窓」ってこんなふうに窓を飾ることだと思ったら、そうじゃないのね。
知らなかったの、私だけ!?みんな知ってた?
c0191972_2018617.jpg

本物の「飾り窓」は一度もお目にかからないまま。

そして、そうそう、この国の人々はとにかくデカイっ!
いちいち話すたびに見上げればならないのだ。
このカフェのにいちゃん、193cm。
頭もちっちゃいし、何頭身なのよ〜?
c0191972_20211888.jpg

「あなたたちオランダ人って、平均身長世界1なんだってね」
「身長世界1でも特に意味ないよ。日本は平均寿命が世界1だろ。そっちのほうがいいよ」
なるほど〜。すばらしいお返し。

高いのは男ばかりじゃない。
このショップのお姉ちゃんテッサちゃんは188cm。
c0191972_20272213.jpg

「この国にいると自分が小さく感じちゃうよ〜」
「オランダじゃ、私くらいは普通にいるわよ。弟は2mよ〜。黄金時代からオランダ人って大きいらしいわ」だって。
そういや、ミッシェルのうちの洗面所の鏡には、私の顔は半分しか映らなかった。
バスタブはこれまで入った中で一番でかかったし。

オランダというと、私の中ではフランダースの犬。
アロアもその後、娘さんになったらでっかく成長したのかのう。
c0191972_2035842.jpg


なんてことを言ってる間に、おりつ、昨晩フィンランド入り。
いま、『かもめ食堂』で片桐はいりがガッチャマンを教えた書店のカフェにいる。
魚の薫製サラダとともにシードルで軽くほろ酔い中。

バンクーバーで出逢ったケイイチくんのお姉さんの早苗さん、彼女の知り合いのかおりさん、
かおりさんの知り合いのユハ、そのユハのご両親のお宅にきのうから泊まっている。
c0191972_2042038.jpg

出逢いの連鎖の中で旅をしていることにしみじみと感謝。
お父さんもお母さんも英語が話せず、ジェスチャーでコミュケーションしているのも新鮮。
明日はそのかおりさん(まだお会いしたことないのですが、とても親切な方)の知り合いの方々を訪ねて、おりっつあん、ヘルシンキからどんどこ北上していきます。
撮りたい場面に出逢えるのも、地元の住む人々のサポートあってからこそ。
c0191972_20414160.jpg

うー、書きたいことがどんどんあふれているけど、時間の流れのほうが速くて追いつかない。
ネット環境はさまざまなれど、時間を見つけ、ちょこまか更新いたします。
みなさんも、すばらしき8月を!
[PR]
by 55ritsuko | 2012-07-31 20:48

RITSUKO NISHIZAWA  photographer。中学教師18年→カナダ生活6年→故郷長崎を拠点に世界を旅する。


by 55ritsuko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31