いまこそ、あかるいほうへ

c0191972_16293542.jpg

ワークショップが終わった。





7日間、さまざまな人々と出逢い、再会し、
たくさんのエネルギーをもらった。
c0191972_17252758.jpg

遠路はるばる三重県から日帰りで参加してくれたチカちゃん。
嬉野から前泊で長崎入りしてくれた正太くん。
膝が痛むので町歩きはできない中、大村からJRに乗って参加してくださったキクコさん。
c0191972_17542845.jpg

患者さんたちを元気づけるためにクラブを発足した長大医学部写真部のメンバー。
2回も参加してくれた里香さん、明美さん。
c0191972_17535486.jpg

個展のときにも支えてくれた教え子や同級生のみんな。
そして、今回新しく出逢った魅力的な方々。
みなさんに出逢えてよかった。

「今までどこかひととつきあうのって面倒くさいなって思ったところがあったけど、
今日いろんな人たちといてすごく楽しかったし、吸収することがたくさんあった」
とは教師時代の最後の教え子、19歳ヤマシロくん。
打ち上げの帰りのタクシーで彼の言葉を聞きながら、じーん。
c0191972_1715847.jpg

教え子と言えば、休日出勤を切り上げて参加したピエールは、
唐揚げを頬張りながら放心状態。
こんな時間も必要だね。
(うしろのあっこちゃんの目線の先は唐揚げか!?)
c0191972_1794012.jpg

いやー、7日間ともそれぞれに楽しかった。
特に60代、70代の方々のパワーには圧倒された。
開始30分前にデイリー前で大福を立ち食いしていたら、
「もう全員そろってます。早く来て~」と携帯が鳴ったり、
「昨年秋までバンクーバーに住んでいて・・・」と自己紹介を始めたとたん、
「バンクーバーっていいとこよね~」「私も旅行で行ったことあるけど~」
といきなり自分たちで盛り上がる姿に、おりつ出る幕なし。
c0191972_17205940.jpg

ハプニングも事欠かず、町歩きの撮影タイムの中、
夢中になるあまり、みんなとはぐれ、
途中で行方不明になられた方、7日間中おふたり。
c0191972_17253153.jpg

祝日の最終日は参加者が多くいらっしゃり、
午前の部と午後の部に分けさせていただいたものの、
午前の部が1時間長引いてしまい、
みなさんの写真を見ながらの講評タイムに、
午後の部に来られた方々が混じったりと、
ホントに私らしいゆるゆるなワークショップでありました。
c0191972_16492484.jpg

参加してくださったみなさんが楽しそうに撮る姿に、
あらためて、写真の魅力を確認した7日間でした。

たかが写真、されど写真。
一枚の写真が人生を変えることだってある。

師匠のYukiko Onleyの言葉をこころに刻み直したところである。
c0191972_1326629.jpg

カメラを持って街を歩けば、世界が違ってみえてくる。
写真を通して、ひととひとがつながっていく。
そこに関わっていけることのうれしさよ。

長崎からも元気発信。
それぞれのやり方でどんどんいいエネルギーをおくっていこう。
いまこそ、あかるいほうへ!
[PR]
by 55ritsuko | 2011-03-26 17:14

RITSUKO NISHIZAWA  photographer。中学教師18年→カナダ生活6年→故郷長崎を拠点に世界を旅する。


by 55ritsuko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30