Hello again

c0191972_20363328.jpg

バンクーバーの部屋を出る瞬間、ぐっと胸が熱くなった。
なにかが終わって、新しいなにかが始まる卒業式のような感情だ。





5年前この地に降り立ったときはだれも知らなかったこのバンクーバーの街。
この街でこれまで私を支えてくれた人々の顔を思い浮かべつつ、
こころの中で「ありがとう」とつぶやいた。
「行ってきます。また来年、成長して帰ってきます」と。
c0191972_20451789.jpg

・・・としみじみと余韻にひたる間もなかった。

長崎からやってきたサマンサがほとんどパッキングしてくれたおかげで飛び立て、
成田では中学時代の親友そっぺが会いに来てくれ、
福岡空港にはさささちゃんが長崎から車で迎えに来てくれ、
ああ、みんなの助けがなかったらどうなっていたのだろう。涙

無事帰国して1週間。
翌朝からあっちこっちへちょこまか動いている。
もうぐーたらおりつも卒業か!?という勢いだ。

というのも個展の準備に加え、明日から3日間、
「おくんち」という長崎最大のお祭りがやってくるのだ。
これを外しては長崎は語れないっちゅうくらい、
生粋の長崎人にとってはどでかいイベントだ。

この撮影から長崎での活動を始めたいという私のために、
諏訪神社に話をしてくれた佐和先生という方の存在があってのこと。
着付けとお茶の達人のこの先生、素敵なんだ~。
紹介してくれたあいぽんありがとう!
c0191972_2153157.jpg

明日は、朝の5時半から撮り始める。
母サダコはそのためのおにぎりを今からせっせと作っている模様。
そう、サダコさんとの仲は今までになく良好。
ちゅんたもすっかり長崎の猫となり、我が家になじんでいる。
そんなこんなのスタートだ。
c0191972_21113389.jpg

力を入れるときは入れ、
抜くときは果てしなくだららーんとなる。
バンクーバーで覚えたこのライフスタイルは長崎でも変わらないだろう。
そんなおりつをみなさま、今後ともどうかあたたかく見守ってくださいませ。

長崎の写真や個展に向けての準備など、
どんどんアップしていく予定(!)です。

日本の携帯:080-2712-1001
ritsuko15@docomo.ne.jp
[PR]
by 55ritsuko | 2010-10-06 21:22

RITSUKO NISHIZAWA  photographer。中学教師18年→カナダ生活6年→故郷長崎を拠点に世界を旅する。


by 55ritsuko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31