happiness

c0191972_1643050.jpg

先週の土曜日はウェディングフォトの撮影をした。
バンクーバーでは今年最後となる。




バンクーバーに住むナオさんのもとへやってきたヨシエさん。
仙台の高校時代の同級生というカップル。
壁一面の絵がお洒落な美容院Arkを出発し、
初秋の雰囲気が漂うジェリコビーチへ。
c0191972_1629997.jpg

さて、ウェディングの撮影のときは、
いつものがらっぱちキャラを少しおさえ、
心持ち上品さを装っているつもりのおりつなのだが、
ヨシエさんが日本にいる頃からこのブログを読んでくださっていると聞き、
もうばれてるやと今回はあきらめた。
c0191972_1683111.jpg

ってそんな必要がないくらい、気持ちのいい自然体のふたり。
ナオさんのチノパンの足元はビーサン!
最高だね。

ヨシエさんもきどったところがみじんもないさっぱりさん。
話しながら、共鳴するところが多々あって、
途中、何度か撮影に来たことを忘れそうに。
c0191972_17302185.jpg

「ちゅんたんねこたん、どんどこどんってのが好きです」と言うので、
「そうなんだー。ちゅんたんねこたん、どんどこどん♪って言うんだよ~」
とメロディー付きで言うと、
「えー、そうなんだ。私はちゅんたんねこたん、どんどこどん♪だと思ってました」
と別の節をつけて歌ってくれたヨシエさんに、
ぐぐっと愛しさがこみあげてきたおりつであった。

そして、この日はただのウェディング撮影ではなかった。
c0191972_17141081.jpg

ナオさんと11年片時も離れず暮らしてきたシャノンちゃんが、
陰の主役なのであった。
しゃのんたん、どーん!
c0191972_17224743.jpg

ビーチでの撮影も一区切りつき、
寒くておなかも空いてきたので休憩タイム。
スープを飲んであったまり、
ポレンタというサンドイッチみたいなのを
「なにこれ?」「わかんないけど、おいしいね」とか言いつつ3人で食す。
ウェディングドレスでカフェへっていいよね。
c0191972_17451610.jpg

次はクイーンエリザベス公園での撮影の予定だったのだが、
着いたものの、天気と公園の雰囲気がピンと来ず、
来るときに通って気になったツタで覆われていたキツラノのカフェへ変更。
c0191972_17485912.jpg

ブランケットを羽織るヨシエさんがかわいいなと、
脱いでもらわずそのまま撮影することに。
カフェの隣のおうちもかわいいやん!
c0191972_6154271.jpg

ふたりの間の緑は葡萄のツル。
かわいいマスカット色の葡萄の房もついてたー。

そんなこんなの楽しかった半日フォトツアー。
きのうフォトブックを作り上げ、印刷に出したのだが、
私にとっても記念すべき1冊となりそうだ。
c0191972_180559.jpg

挙式はしないけど、写真は残しておきたい。
それならばと私を指名してくださったとは本当にうれしいことだ。
もうすぐ、イエローナイフへ行ってしまう3人と
これまたもうすぐ長崎へ行く私が、
このバンクーバーでこんな時間がもてたことに感謝。
c0191972_18141092.jpg

ヨシエさん、ナオさん、そしてシャノン、
あなたたちに出逢えてよかった。
3人のhappinessを祈っています。
[PR]
by 55ritsuko | 2010-09-15 18:25

RITSUKO NISHIZAWA  photographer。中学教師18年→カナダ生活6年→故郷長崎を拠点に世界を旅する。


by 55ritsuko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31