ふぬけ返上

c0191972_1651633.jpg

カナダは今日が11月30日。




銀行に行くと、月末ということで、長蛇の列が。
そう、カナダの銀行は並んで待つ。
日本のように、「あなたの番ですよ~」と知らせる電光掲示板もなければ、記入用紙もないし、週刊誌なんて発想もなかろう。
自分の番が来るまで、ただじーっと辛抱強く立って待ち、順番が来たら、カウンターで直接話して用件を済ませるっちゅう、なんともシンプルなシステムなんである。

というわけで、数分ばかり待って、順番が来たんで、カウンターで用件を話していると、横からトレイを持ったスタッフのおばさまが。
「クッキーはいかが?今日はお待たせしちゃったので、これでも食べてね」
とにっこりしながら言うではないの。
「えええ???」と驚いてうしろを振り向けば、並んで待っている老若男女のみなさまもそれぞれクッキーを頬張っているのでありました。
c0191972_1775887.jpg

なんとほほえましい光景!
こんなところが好きなんだよな、この国。
トホホなところもあるけれど、憎めないというか。

ついでに言えば、銀行のスタッフたちも私服。
年齢、国籍もさまざまである。
どんなに人が並んでいようが、おかまいなしに、「その帽子ステキね」なんてにこにこしながら言ったりする。
日本人のスタッフがいたので、その驚きを伝えると、「どんどんお客さまと喋りなさいと上からも言われるです」って言う。
サービスってもんについて、カナダと日本は両極端に違うよなあ。
日本のシステマティックなところと、カナダのホスピタリティーが合体すれば、最強のサービスになることまちがいなし。
c0191972_17135319.jpg

さて、書いているうちに、日付が変わり、カナダも12月に突入。
11月は雨ばかりでなんだかテンションが落ち気味だったけど、自分でも驚くほど、今、エネルギーに満ちあふれている。
落ちたあとは必ず上がるんだなあと、身をもって実感。
このまま走ってウィスラーまで行く勢いだ。

というのも、昨晩、宇野千代の『私の幸福論』を読んで、気合いのスイッチがぱちんと入ったんだ。
友人宅で見た人形に魅せられた宇野さんは、矢も盾もたまらなくなって、そのまま家に帰って旅のしたくをすると、そのまま駆け出していって、四国の阿波に住むその人形を作ったおじいさんに会いに行ったそうな。
それも戦争のまっただ中。
汽車に乗り、船に乗り、まる一日かけて・・・。
なんというエネルギー!
なんという行動のすばやさ!
c0191972_17554440.jpg

過去には執着せず、興味があるのは、現在と未来だけ。
彼女が着物づくりに執筆にとあれほどの業績を残し、95歳まで長生きしたのも、わかる。
死ぬまで女を貫いたっちゅう生き方も含めて素敵だよね。

よ~し、2009年も残り1か月。
ふぬけのおりつは返上じゃー。
[PR]
by 55ritsuko | 2009-12-01 17:50

RITSUKO NISHIZAWA  photographer。中学教師18年→カナダ生活6年→故郷長崎を拠点に世界を旅する。


by 55ritsuko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30