心模様あれこれ

c0191972_1623977.jpg

またしてもご無沙汰しておりましたー!
こんなレイジーな更新ぶりのブログを時々のぞいてくださって感謝です。
2,3度更新を試みたのですが、パスワードを忘れ、自分のブログに自分でログインできないというていたらく。
がはは。なんとも私らしい。




いきなりだけど、なんかブログってHに似てない?
しばらく遠ざかっていると、「まあいいや」とかいう気になり、ひさしぶりに試みようとすれば、なんだかちょっと照れくさい。
我ながらうまいたとえだにゃー。
・・・と下ネタももちろん健在。

さて、前回、「行ってきます」と旅立ったコーテスアイランドでの写真とともに、近況報告&最近の心模様などを語らせていただこう。

c0191972_1351227.jpg

「オーガニックな日々」、「オス度が高い男ってどうよ」、「ちゅんた舌のしまい忘れの謎」、「コアリズムブーム今頃来たる」・・・などなど、いろいろと語りたいことがあるのだけど、なにぶん間が空きすぎて、頭の中がとっ散らかっている。

が、欲張らずに、とりあえずコーテス島の話から。
ホリホック(Hollyhock)というリゾートと国民宿舎を足して2で割ったような、どちらかというとじみ~な施設なんだけど、カナダやアメリカをはじめ、世界中の人々がやってくるという不思議な場所。

「なんでだろう?」と好奇心が湧き、JALの機内誌の取材を兼ねてやってきた。

c0191972_17175755.jpg


これは、初日、着いたばかりのランチ。
この奥に見える野菜がぎっしりのったピザを一口食べるなり、うなった。
野菜ってこんなに美味しいんだ。
滋味というか、しみじみと感動する味わい。

ああ、これは人は集まるわと、このランチだけでも納得した。
野菜はキッチンの目の前にあるこのオーガニックの畑で採れたばかりのもの。

c0191972_17215247.jpg


ここのキッチンスタッフ、シェフとしてのトレーニングを受けている人は実はひとりだけなんだそう。
これってすごいことだよね。
新鮮な食材+ホスピタリティーの心は、プロ集団が集まるレストランをも上回る可能性を生むんだなあ。

c0191972_17451070.jpg


デザートのムースも美味しくって、おかわり。
ピンクの花びらも食べられる。

c0191972_1747284.jpg


食事を知らせるのは、この鐘の音。
どんな音か、この木からなんとなく伝わってくるよね。
この音が聞こえるたびに、パブロフの犬のように、コテージから森の中を走ってダイニングへまっしぐら。

携帯もつながらないこの小さな島での3日間の楽しみは、とにかく食べること、いろんな人と語ること・・・と至ってシンプル。
それって人間の根源的な喜びだよね。
ってこんな話を昔、ソルトスプリングの旅の時も書いたような。

c0191972_17563755.jpg


そんなソルトスプリングに今週末、ひさしぶりに行ってきます。
今度はどんな時間を過ごすのかな。

そして明日、あさってと、バンクーバーを訪問中の天皇陛下と美智子さんの撮影に。
幼稚園のとき、母サダコ(美智子さんと同い年。品は激しく違う)に手を引かれ、長崎に来たお二方に旗を振ったなあ。
もう遠い昔のこと。
美智子さんがきれいだったといううっすらとした記憶がある。
あのとき鶴鳴幼稚園の制服を着ていた私も、今はこんなリッパな(?)大人になりました。
美智子さんもお元気で~!と静かにエールを送りつつ、シャッターを切ろうと思う。

ではみなさん、また近々、きっと!
[PR]
by 55ritsuko | 2009-07-12 18:13

RITSUKO NISHIZAWA  photographer。中学教師18年→カナダ生活6年→故郷長崎を拠点に世界を旅する。


by 55ritsuko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30