高知でワッショイ!



c0191972_16004584.jpg
去年、初めて四国に上陸し、
高知に2泊して、なにに驚いたって、
魚の美味しさがハンパないってことだった。




地元で高校教師をしているmihoさんに
連れていってもらった居酒屋さんで、
金目鯛のタタキとウツボのタタキを
一口食べるなり叫んだ!

「んだ!?こりゃ!?」
大げさでなく、座敷から立ち上がるほどの感動だった。

普通の居酒屋でこんな感動っていったい、
どうなの、高知って。
釣りバカ日誌の浜ちゃんのモデルとなった編集者が、
移住しちゃったのが、わかる。

「これをあの人に食べさせたい!」
「このお酒をあの人と味わいたい!」
日本酒ともに味わいつつ、
いろんな友人たちの顔が浮かぶ。

そこへうっかり姉妹という世にも素敵な
食のスペシャリストの名コンビも
高知を盛り上げている情報が!

これは、なにかやらねば。
写真展に乗じて、高知を遊び倒すのだ。

遠くに住む10人ほどの友人たちに声かけてみたところ、
ドバイや北海道、名古屋、東京などから
「行く!」と即決の返事が。
ざっとこんな感じの2日間になりそうだ。


7月1日(土)

朝一番の飛行機で福岡から高知へ。
(福岡8:55 高知9:45)

まず向かうはサタデーマーケット。
2008年に始まったこの日本初のオーガニックマーケット,
ナビゲーターはうっかり姉妹。

世界中を食べ歩き、高知にもくわしいうっかり姉妹、
食まわりのエディター博多玲子さんと名須川ミサコさんと歩く土曜市、
高知の旅はここからスタート!


そのあとは牧野植物園へピクニックなんて素敵だ。
c0191972_15265769.jpg
去年初めて行ったんですが、
ええ、ここが植物園!?というくらい広く、
アップダウンもあって、けっこういい運動。


c0191972_15265210.jpg

6ヘクタールの園地を歩いていると、むこうも緑、あっちも緑。
さすがは県土の84%が森林という高知県。

グリーンシャワー浴びながら
日頃の煩悩を存分に洗い流したい。
c0191972_15264371.jpg

園内のどこかでランチもできたらと計画中。

そして、夜はうっかり姉妹も魅了された名店へ。
目の前で藁焼きをしてもらい、鰹や赤肉を美酒といただく
人生の記憶に残る宴を楽しい仲間とともに。

この日はじめまして同士がほとんどだが、
きっとみなさん昔からの知り合いのようになることだろう
そのあとは、余力があれば、日本酒バーやひろめ市場へ。



7月2日(日)
二日酔いなどぶっ飛ばし、早起きして日曜市へ。
人気のものは早くなくなってしまうそうなので、
うっかり姉妹のオススメなどを聞いて
楽しくお買い物して、北川村へ移動。(1時間半)


c0191972_16055302.jpg

9:00am モネの庭の朝散歩。
四国のちいさな村にこんな場所が!
去年訪れたときホント驚いたもんだ。

モネの絵画の世界が広がる
この庭を睡蓮が開く午前中に散策だ。

c0191972_18093049.jpg



睡蓮がある「水の庭」、季節の彩りが鮮やかな「花の庭」に加え、
フランスのジヴェルニーにはない「光の庭」も。これが8ヘクタールとかなり広い。
写真好き、庭好き、フランス好き、モネ好き
にはたまらない場所だ。

10:30am ギャラリートーク
迷走が予想されるので、
進行をうっかり姉妹にお願いしようかと
勝手に思っております。

経験豊富なミサコさんやレイコさんの
人生の引き出しも、せっかくなので
いくつか開けさせていただけたら。

正午くらいに終わってランチして、
酒蔵、オーガニックハーブ農園訪問温泉、
仁淀ブルーなども行けたらなあ。
夜は残ったメンバーで打ち上げしましょう。

参加費などはなく、
一緒に行きたいところだけ
ご一緒にというゆるい流れだ。

夜の宴だけは予約がいるので、
参加希望の方は連絡よろしくです。
お店のキャパもあるのでお早めに。

自分自身を楽しませることも大切にしたい。
自分の喜びが溢れ出すと、それが周りに伝わっていく。
まずは自分が休み、楽しみ、いい波動を出す。
ってなわけで、ともに人生謳歌しましょう!

『You made my day!』

2017. 6/10(土)〜 7/2(日)
最終日 7/2 10:30am ギャラリートーク

高知県安芸郡北川村野友甲1100
0887-32-1233


[PR]
by 55ritsuko | 2017-05-02 16:01

RITSUKO NISHIZAWA  photographer。中学教師18年→カナダ生活6年→故郷長崎を拠点に世界を旅する。


by 55ritsuko
プロフィールを見る
画像一覧