途中にこそ

c0191972_20255270.jpg


さて本日の写真は、我が教え子
ピエールくんによる撮影のもの。

おっ、なかなか味のある3ショットを撮っておるじゃないか。
被写体の美魔女からいい表情引き出しておるじゃないか。




3人からピエールへのそれぞれの愛情が伝わってくるね。
ホント人物写真って、撮る人と撮られる人の関係性が出るもんだ。
撮るばかりでなく、撮られる側になって
あらためて気づくものもあるな。

カメラはオリツのサブ機 Canon 5D。

c0191972_20264630.jpg

渡した途端、いつもの毒気が飛び、
にっこり純朴な少年の顔。
ホワイトバランスも自分好みに設定し、
白雲の池の苔を熱心に撮影しておった。
(シブい作品たちは後日紹介)

そしてオリツはというと、


c0191972_20264780.jpg


iPhone手に楽しそうやないか〜。

駆け寄る先は、


c0191972_20263002.jpg

キャリア30年といったたたずまいのショージ。
レンズもすごいぜ。
まったくどっちがカメラマンだか。
(ふたりは桜馬場中学校の同級生)
みんなで見ているのは、ショージが激写したカモッチ。

さあ、木立でのポートレイト撮影タイム。


c0191972_20265255.jpg


c0191972_20263195.jpg


センスあふれるナオコさんの写真。

緑の中、モデルをつとめるのは、この人。


c0191972_20281365.jpg


そう、みどりだけにみどりがあう。

それにしても、竹森みどりって名前、
「竹」「森」「みどり」全部ナチュラル系じゃないか。
えっ、天然ってこと!?


福田屋に戻ってきたらもう3時。
おっと地獄までは行けず解散タイム。
まあ、それもよし。
写真も人生も、目的地よりその途中にこそ、
何か素敵なもの出くわすことは多いのだから。


ここからピエールからカメラを受け取り、




c0191972_20270105.jpg
最後に笑顔を激写。
菜の花に映えますね。

c0191972_20270188.jpg

年度末の多忙な時期に、

c0191972_20270609.jpg

時間を作って、雲仙まで足を運んでくださって

c0191972_20270619.jpg

本当にありがとうございました!

c0191972_20272565.jpg


オリツもいっぱいパワーいただきましたよ!


c0191972_20272976.jpg

また会える日を楽しみに。
c0191972_20255886.jpg

You made my day!



***

雲仙写真展 You made my day!
福田屋・山照別邸 
最終日4/9(日)はランチパーティ開催。

 
おりっつあん、この間iPhoneを指差して
「私のカメラ取って!』と言ってたらしいよ。
そんなおりっつあんだけど、応援のポチよろしくね。

[PR]
by 55ritsuko | 2017-03-24 21:51

RITSUKO NISHIZAWA  photographer。中学教師18年→カナダ生活6年→故郷長崎を拠点に世界を旅する。


by 55ritsuko
プロフィールを見る
画像一覧