サクラサク

c0191972_16251624.jpg



今日は、長崎県内の公立高校の合格発表の日。

facebookのフィードを見れば、
報告やお祝いがちょこちょこあがってきている。
よかったね、よかったねと心の中でつぶやく。




18年の教師時代の後半は、
3年生の担任をすることが多かった。

海に近いちいさな学校で3年担任していたときのこと。
発表当日、担当の高校の門の前で生徒達と
合格発表の瞬間を今か今かと待つ。

c0191972_16250883.jpg


いつもはふざけてばかりいる男子も
さすがに神妙な顔つきだ。
そんな彼らに何か言ってやりたくて叫ぶ。

「いいかぁー、受かっても、落ちても、
どっちにしてもダイジョーブなんだからね!
受かったところが、自分に縁がある学校なんだよ!」

それはまさに、共通一次で玉砕したとき、
メタメタに打ちのめされた、
あの自分に言ってやりたいセリフだった。
自己採点のショックで、学校を休んで泣いてた18歳の私に。


c0191972_16251490.jpg



さあ、門が開いた。
みんな一斉に掲示板の前に駆け出していく。
私は窓口で教師用の合格名簿をもらい、
中学校に報告の電話を入れる。

目をキラキラさせながら、「合格でした!」と
誇らしそうに教えに来る男子。
受かったんだか、落っこちたんだか、
どっちなのか、わからないくらいの泣きっぷりの女子。
まさに悲喜こもごも劇場だ。

合格した子たちと抱き合って喜び、
不合格でうなだれている生徒達を
車に乗せて中学校へ走る。


c0191972_16263659.jpg


途中、小店に寄る。
「お腹空いてない?
パンかおにぎり買っていいよ、ひとり2個まで」

海岸線の途中で降り、みんなで「チクショー!」と海に向かって吠えたあと、
パンやおにぎりをパクつく。
「あー、くやしい!」「もっと早く取りかかってればよかった」など
口々に言いつつ、いつの間にかみんな笑っていた。


c0191972_16054694.jpg



今日の写真は、福島・花見山の春の風景。



c0191972_15384407.jpg



あの頃の生徒たちも、いま37歳。
それぞれに自分の花を咲かせているかな。



c0191972_15392875.jpg


がんばったあとのうれし涙もいいが、
くやし涙だって自分を大きく成長させてくれる糧となる。

合格も不合格も大人になってみれば、
そんな大した違いはなく、違いを作るのは自分自身で、
長い目でみれば、桜は咲くのだ。

私も玉砕したおかげで、
出逢えたひとたちがいる。

それにしても生徒と一緒に、合格発表のあとに買い食い、
教師時代から私ってこんなだったのね。笑

 
       
今年は書くことも楽しくやっていきます。
最後にちゅんたをクリックよろしくです。
オリツもこれからひと花もふた花も咲かせますぞい!



[PR]
Commented at 2017-03-17 02:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 55ritsuko at 2017-03-18 16:51
おおおお、ルミさん!メッセージうれしかった。お元気でしたか?今、何県で暮らしているのかな。海外の旅もエンジョイしているようで何より。一番だいじなのは、英語が通じる、通じないより、わかりあおう!と心をオープンにして接することだと、英語が通じない国を旅するときなど、思ったりします。
勉強法は、映画を見ること。字幕を見ないで。何度も同じものを見るといいかも。私はプラダを着た悪魔とマンマミーアが好きで、何度も繰り返し繰り返し、見ています。

それと、英語の本を読むこと。BIG FAT CATシリーズは、文法や単語の説明もしているし、ストーリー自体がとっても素敵なのでおすすめですよ〜!

また気軽にコメントくださいね。
by 55ritsuko | 2017-03-16 16:46 | Comments(2)

RITSUKO NISHIZAWA  photographer。中学教師18年→カナダ生活6年→故郷長崎を拠点に世界を旅する。


by 55ritsuko
プロフィールを見る
画像一覧