やっぱり、ソルトスプリング!

c0191972_12495261.jpg


行ってきましたー、ソルトスプリング!
いや、いや、何度来てみても、いいところだにゃー、この島は。



今回は、バンクーバーから男友達の野生児を伴って。
タスマニアのファームにしばらくいたことのある彼は、ウサギを見ると、今でも「かわいい」でなく、「うまそう」と反応する。

c0191972_1316228.jpg


ソルトスプリングに行くことが決まってから、「森、森、羊、羊、牡蠣、牡蠣、酒、酒」と頭の中はその4語のみを繰り返していたらしい。

まずは酒じゃー、乾杯じゃー!
とフェリー乗り場のトワッセンで息巻いて酒場を探すが、な、ない。
ショックのあまり、乗り遅れそうになったフェリーに飛び込むように乗り込んでも、ここでもアルコールは皆無。
なんてこったー!
さすが、カナダ。
のんべえ2人組の浮かれ気分を最初っから見事に打ち砕いてくれよった。
酒なしでも、なんとかテンション高く盛り上がっているうちに、島にとうちゃーく。

ハーバーには、作務衣(えっ、モンゴル衣装?)を着た野人がすんごいオーラを放ちながら出迎えてくれた。
そう、3年前、我がブログで「野人」として強烈なデビューを飾ったミスター安江である。

c0191972_13505976.jpg


野人の案内で、まずは、Tree Houseへ。
この島はすばらしいミュージシャンもいるので、生の音楽が楽しめる。
ドラマーのすぐ横に座ったので、音が直接どんどこ響いてくるのが気持ちいい。

その後、今回お世話になる14エーカーのオーガニックファームにある野人邸へ。
日本からお客さんが滞在されている中だったが、ゴージャスなテントを構え、快く受け入れてくださった。

c0191972_1682830.jpg


お客さんというのは、野人の長年の友人でもある、横須賀でカヤックツアーのガイドをしている寺田さん(右から2番目)と奥さん(その左)、そして彼らのお客さんのケイコさん(右)。一番左はこの日が最後のウーファーの小川くん。
彼らがまたいい人たちで、初日からいろんな話題で盛り上がる。

c0191972_14769.jpg


ファームの景色を眺めつつ、外のデッキで食べて語る。
野人も野生児も絶妙なトークで笑わせてくれるので、お酒もすすんでしかたない。
野人お手製のアップルサイダーやブラックベリーのワイン、寺田さんのお土産、幻の黒糖焼酎など、野人家のアルコールのほとんどを飲み尽くしてしまう勢い。(す、すみません)

夜風に吹かれながらの宴は真夜中まで続き、その後満点の星空のもと露天風呂に。
あぁ、これが幸福でなくてなんであろう。

と、ふんわり幸せな気持ちに包まれ、千鳥足でテントに向かったその途端、一瞬からだまでもがふんわり浮き、次の瞬間どでーんと激しく転倒。
のぼる必要のない高いところまでわざわざのぼり、そこから草むらに膝から落っこちたというわけだ。
まさに酔っぱらいのなせる技。
「うううっ」とうめきつつ、助けが来るまで、草むらに寝転がり、風呂上がりの半裸状態でひとり星空をながめていたという、なんとも愚かで幸せな旅の幕開けであった。

おめでたい旅はその後も続く・・・
[PR]
Commented by kumibear at 2009-07-26 16:34 x
更新されてるかなぁ~??と思って覗いてみると・・・

いやぁ~、話には聞きましたが、楽しそうな旅だったみたいですね☆羨ましい♪♪
来月はよろしくお願いします~☆
Commented by somashiona at 2009-07-27 09:39
おっ、今回は更新が早い!
テトリスの病気をうつしてしまい申し訳ないです。
でも、僕の気持ちがわかってくれる人がまた一人増え、ちょっと喜んでいます。カルト宗教を布教する信者の気持ちが少し理解できました。
シンさんからコメントがきました。彼がタスマニアにやってきたら会えそうです。世界はこういうふうに繋がっているのですね。
あなたの詳しい情報は彼からたっぷり聴取する予定です。むふふ。
よって気持ちがよくなり、転倒し、星空を眺める、、、ゲコの僕には憧れの境地です。
Commented by yoshie at 2009-07-27 16:01 x
うわぁー空が青い!!この青と白の競演たまらないですね!
こういう島の空気、たまらなく憧れます。今すぐにでも灼熱亜熱帯の
東京から飛び出して行きたいです。
こんなところで飲むお酒は格別なんだろうな~☆
ジュースのようなお酒をほんの少ししか飲めない私。。。
人生の楽しみが半減してることは間違いないと、リツコさんの数々のエピソードから思い知らされています(笑)

そうそう、今年もvancouverに行くことにしました!!!
夏に行きたかったのですが、チケットがとれず・・・
10月のthanks givingの頃までお預けです!
Commented by soppe at 2009-07-28 14:40 x
野生児さんは、やはり最初の写真を見て『美味しそう』と言うのだろうか...
楽しくてしょうがないってすごく伝わってくるんだけど、
どでーん、「うううっ」のあとが心配です。
次回の更新は即効お願いします!
Commented by 55ritsuko at 2009-07-29 00:59
To kumibearさん

ははは、さすが。
このきままな私の更新のタイミングをよんでいるとは。

うん、うん、来月、楽しみにしています。
スケジュールを調整したらまた連絡するね!
Commented by 55ritsuko at 2009-07-29 01:10
To yoshieさん

yoshieさーん、こんにちはー!
そうなんですよー、この青空、この空気感、これがたまらなくいいんですよね。
伝わったようで、うれしいです。

今年のバンクーバーは、暑いんですよ!
灼熱地獄とまでは言いませんが、ここカナダ!?と言いたくなるくらいあっつい毎日です、最近。
今日なんて、30℃までいきそうですし。

バンクーバー、今年もいらっしゃるんですね!
わくわくですね。
ぜひソルトスプリングまで足をのばしてみてください。
Commented by 55ritsuko at 2009-07-29 01:14
To soppe

そっぺっちよ、なんかそっぺのテレパシーが伝わってきたよ。
と勝手に受信してるけど。笑

うん、きっと野生児は食べる物として見ていたんじゃないかなあ。
ファームにいたころ、いつもお腹が空いていたという本当にハングリーな生活をしていたらしいんで。

ええ、この続きは近日中にアップするね~!
Commented by よしこ at 2009-07-29 23:44 x
いい写真取れてますね~。
すごく楽しくって幸せな旅だったんだろうな、って伝わってきます。
私も続きが楽しみ♪
Commented by 55ritsuko at 2009-07-30 13:10
To マナブさん

えへっ、今回の更新、意外と早かったでしょっ。(自慢気)
やはり、タスマニアから読んでくれている人もいると思えば、
それも大きな更新の励みになるというもの。

シンと会うんですね!
この間、コメント書きながら、なんとなくそうなりそうな予感がしたんです。
ほんと、こうやって世界が繋がっているってすばらしいことだー!
私より先にシンがマナブさんに会うのも、うらやましいような。
「聴取」ってのが笑った。
はは。
シンがよけいなことを喋りませんように!(祈)
Commented by 55ritsuko at 2009-07-30 13:12
To よしこちゃん

よしこちゃーん、こんにちはー!
今日は花火大会だよ、なつかしいね。

ええ、ええ、続きはまもなく更新するね~!(きっと)
見守ってくれてありがとう。
近々またメールします!
Commented by IZUMI at 2009-08-01 11:15 x
律っちゃ~ん 元気そうですね~。

私はあくせく今日も東京を走っています。
明日から大垣~三重~四国~京都~福島と行脚。
そんな出陣前、律っちゃんのブログなんか覗くんじゃなかったわ・・・
「ちっ!」てな感じ。僻みすぎか(笑)。

今回のソルトスプリングの幕開けは人物紹介ですね、
いつもながらいい写真ですね~。

野人さんをじっくり拝顔。
律子さんの手にかかったら人物もアートだね。
それとも野人さんがアートなのか。
本当に地球の星に住んでいる人なの?
もしかして何とか星人じゃ?って
ブログ読みながら突っ込んだよ。
神々しくて、瑞々しいお顔をなぞっちゃいました。
なんかご利益ありそうで♪

野生児さんと野人さんに囲まれて益々野女化してる律子さま、またね。
続編待ってます。
Commented by 55ritsuko at 2009-08-02 07:57
To IZUMIさん

ははは、そのツッコミ最高です。
神々しくて瑞々しい・・・
よくこんな表現が出てくるなあ。
尊敬!
野人もきっと喜ぶことでしょう。

それにしてもいつもすごい勢いで全国を飛び回ってるね。
それを普通にやっているIzumiさんに私はどんなに刺激を受けていることか・・・。
おおげさでなく、Izumiさまと話すたび、私の世界は少しずつ広がりを増していく感じがするんだよ。
9月にバンクーバーで会えるといいなあ。

続編でまた「ちっ」と舌打ちさせようかな~。笑
全国行脚、楽しんで~!
Commented by やきとり at 2009-08-03 08:40 x
突然、失礼します。

ソルトスプリング島はいいですね!

バンクーバーに住んでましたら毎週末でも行きたいですね・・・

来月のイエローナイフの帰りにshantiのAkiさんの所にいきます。

写真を見に・・・・

更新のタイミングを探して又伺います。

Commented by 55ritsuko at 2009-08-04 05:49
To やきとりさん

おひさしぶりです、やきとりさん!
このカメのような更新の我がブログをのぞいてくださり、
またコメントをいただき、うれしいです。

やきとりさんもソルトスプリングに行かれるんですね。
イエローナイフの帰りにソルトスプリングだなんて、素敵。
9月もオーロラが見られるんでしょうか。
アキさんの美味しい手料理が楽しみですね。
さっき、やきとりさんのブログにおじゃましたら、
京都の料理がこれまた一品一品美味しそうなこと。
パソコンの前でうらやましさに、よよよと崩れ落ちそうになりそうでした。

更新は前より頻度が高くなる予定ですので、
またのぞいてくださいね~!
Commented by miki at 2009-08-05 15:40 x
おっ、全然更新されてなかったからてっきり終わっちゃったのかと思ってたぁ~。
実はたまにこっそにのぞいていた一人です、わたし。笑

島はいいよね。
自然。
自由。
ステキです。

今度会うときはいっぱいステキなお話聞かせてね。
携帯まだ持ってないけど。。。
近々時間あたしのために時間作ってぇ~!!!!!
Commented by niko at 2009-08-06 02:35 x
毎回、素敵な写真、ブログ楽しみにしています。こちらのブログのタイトルのように砂の上を一歩いっぽ力強く歩いて行かれるりつこさんにもたくさんの刺激をいただいています。ありがとうございます。これからも体に気をつけてがんばってくださいね
Commented by 55ritsuko at 2009-08-07 00:50
To miki

おおお、mikiじゃん!
のぞいてくれてたのか~。
ははっ、てっきり終わりちゃったのかってのが笑ったよ。
まだまだ続いてるんだよね、ほそーく、ながーくね。

今回はいつ頃までこっちにいる予定なの?
うん、近々会おう。
また連絡ちょうだい。
Commented by 55ritsuko at 2009-08-07 00:55
To nikoさん

どうも、はじめまして、nikoさん。
あたたかい言葉をどうもありがとうございます!
うれしかったです。

ええ、これからも砂の上をたまに転んだりしながら迷走しつつ、
歩いていくと思うので、その迷走ぶりを一緒におもしろがってくださいね。
これからもよろしくです、nikoさん!
Commented by misa at 2009-08-07 10:16 x
りつこさん

お久しぶりです!前のブログで何度かコメントしました、misaです。
夏、ですね。冬が好きなのですが、九州人とあってか、夏がくれば気分も上昇、という単純な構造に気付く今日この頃。リツコさんはどうでしょうか?

この前、友人の青空結婚式で、久々にカメラを手にしたのですが、その瞬間を切り取ること、そして人の表情を捉えることにとても大きな悦びを感じました。もっと勉強したい!写真っていいですね。

Commented by 55ritsuko at 2009-08-08 12:23
To misaさん

misaさん、おひさしぶりです!
ええ、ええ、もちろん、おぼえております。
前ブログからひきつづき、のぞいてくださって、
加えて、元気がわいてくる言葉、うれしかったです!

「その瞬間を切り取ること、そして人の表情を捉えることにとても大きな悦びを感じました」

うー、同感です。
これこそが写真の醍醐味だと思います!
どんな写真を撮られたのか、見てみたいですね。

そうそう、misaさんも同じ九州人でしたね。
今年も暑いですか?
そうなんですよね~、夏というそれだけで気分も勝手に盛り上がるってなとこがありますよね。
だから夏はどんどん撮って、冬はじっくり書くってな感じもいいかな~なんて思ったりします。
そうそう、今月は長崎で福山のコンサートがあるんですよね!
Commented by misa at 2009-08-11 14:30 x
福山さんの白黒写真が結構好みの色だったり空気だったりします。水溜りに浮かぶ原爆ドームに手を差し伸べているような写真があったと思うのですが、それが印象的でした。

ところで、前、数秘術のことを日記にかかれていましたよね?何だ?とずっと気になってたんですが、友人に詳しい方がいて、自分に当たってる部分もあり苦笑いしてしまいました。
リツコさんの数字は何でしたか?
ちなみに私は9でした(アウトローか哲学者とか笑・・・微妙) 

数字にかかわらず、生まれついての旅人でありたいものですね。
Commented by 55ritsuko at 2009-08-15 11:13
To misaさん

misaさん、またお返事もらえてうれしかったです。
ちょっと旅に出ていたので、返事が遅くなってしまいました。

「福山さんの白黒写真が結構好みの色だったり空気だったりします」

ああ、ほんと、同じモノクロでも色が微妙に違いますよね。
そこから伝わる空気も。
原爆ドームのは知りませんでした。
彼の師事する植田ショウジさんの世界観と通じるものがあるんでしょうね。

アウトロー・・・昔から好きな言葉です。
素敵じゃないですか、9。
私は1です。
misaさん的に数秘占術、当たってました?

「生まれついての旅人でありたいものですね」

いい言葉ですね。
いつかmisaさんとはお茶でもしながらゆっくり語り合いたいような。
って、九州女はお茶じゃなくて焼酎だった!笑
Commented by tomoko at 2009-08-25 20:46 x
こんにちは!!
ともこです~お久しぶりです

激動?の結婚→離婚からなんとか精神的に復活してきて
だいぶん余裕が出てきました
(こんなことをりつこさんのブログで話題にしてごめんなさい^^;)

そろそろ海外に行きたい病?が出てきて、
候補地はNYだったのですが、
りつこさんのページを見るたびに「カナダ!!」
と思うようになってきました
とってもステキな地ですよね
それもこれも、もちろんステキな土地柄なのだと思いますが
りつこさんの写真と、コメントとが
ステキだからだと思います~

海外逃亡?が実現するかわかりませんが
カナダ旅行の夢は持ち続けます!!
Commented by 55ritsuko at 2009-08-26 11:55
To tomokoさん

おひさしぶりです、tomokoさん!

婚約破棄はあるものの、結婚も離婚も経験していない私にとっては、
なんだかドラマティックに人生を展開しているようで、
ちょっとうらやましい気がしますよ。(本当です)

離婚というのは、ネガティブなものというよりナチュラルなもの。
とカナダや日本のいろんな人々を見て思うようになりました。

NYも素敵でしょうね。
私も一度は行ってみようと思っています。
カナダもいいですよ。
ぜひ、その海外逃亡の夢を実現させてください。
そのときはぜひご一報を!
Commented by みず at 2009-09-23 13:53 x
りつこさん、ずっと以前にコメントさせていただいてから、1年ぶり?くらいです。ごぶさたしています。りつこさんのお写真、記事いまも楽しみに見ています。りつこさんの文章も写真も明るさとやさしさがあふれていてとても好きです。ところで、世界で三大といわれる「よい気の流れている」のスポットで生活されている律子さんに伺ってみたいことがあります。私たちの身の回り印起こることは必然と思われますか?偶然と思われますか? 先日会社の同僚と飲みにいっていて「2人とも5年前考えてもいなかった状況にいまはなっているね。これは必然なのか偶然なのか」と話こんでしまいました。私は前者を感じ、どうも、なにかの糸にひっぱられていきているようなきがするんです。たぶん、律子さんや律子さんがこれまで取材されてきた いまバンクーバーにいらっしゃる日本人のかたがたはきっとなにかの転機でカナダで生活を始められたと思い、ふと聞いてみたくなりました。
Commented by ritsuko at 2009-09-23 15:42 x
To みずさん

おひさしぶりですね~、みずさん!
ええ、おぼえていますとも。
元気になる言葉をいただき、うれしいです!

すべてのことが必然だと感じたとき、人生のスピードは加速度を増す。
この言葉がとても好きなんです。
起こることのすべてが必然か偶然かはわかりませんが、
必然だと思った方が人生をウエルカムしている感じで楽しい気がしますよね。
みずさんが語る「何かの糸に引っ張られて生きている気がする」というその感覚、わかります~。
バンクーバーでいきいきと活躍する日本の人たちも、見えない何かに導かれてここにいるような気もします。
そして、その人たちとの出会いにも必然性を感じます。

世界三大のよい気の流れスポットだとは知りませんでした!
その辺のこと、もっとよく知りたいですね。
またいつでもコメントくださいませ~!
Commented by みず at 2009-09-23 21:10 x
りつこさん、すぐのお返事ありがとうございます。うれしいです。「すべてのことが必然だと感じたとき、人生のスピードは加速度を増す」よいお言葉ですね。それは、「自分の人生を肯定できたとき・・・」と前の部分を置き換えられるのかな、とも感じました。

バンクーバーが気のスポットというのは、誰かの文章でみただけで、自分ではっきりと調べたわけではないのです(すみません!)ただ、私も以前、住んでいましたが、どうしてNYやロンドンなど大都市のように娯楽も多くはなく、秋から冬にかけては雨も多く、浮浪者もたくさんいる。でも、街並みがきれいで空気が清涼で、海がきれいで・・世界の別の場所でももしかしたらありそうなきれいな自然ですが、なぜ、バンクーバーにたくさんの人がひきつけられるのだろう?不思議で、誰かの文章で(桐島さん?)「気」の話を読んでなるほどと思ったのです。

人生いつも絶好調とばかりはいきませんが、振り返ってみると楽しかった時期も、うまくいかなかった時期も、いまに結びつくための必然だったのかなと感じて(そう信じることで気持ちが楽になる)、メールしてしまいました。
Commented by みず (続き) at 2009-09-23 21:11 x
りつこさんの毎日がこれからもきらきら輝くこと、お祈りしています。

私もりつこさんと同じ、九州出身です。九州も、日本の田舎も、バンクーバーに負けないくらいほんと、自然がきれいですよね。カナダに住んだことで、いままで「なにもない」と思っていた自分の田舎や自然がとてもきれいな場所と気付き、好きになりました。

ぜひ里帰りもしてくださいね。

                                    みず
Commented by ritsuko at 2009-09-24 08:51 x
To みずさん

こちらこそ、またお返事いただき、うれしいです。

「自分の人生を肯定できたとき・・・」と前の部分を置き換えられるのかな、とも感じました。

そうなんです、肯定感なんです!
それを持てるかどうかが、人生裕に生きていく中でのコツみたいなもんじゃないかと思うんです。
いつでも100%そうは思えなくても、できるだけそういう感覚の中で漂っていたいなと。
みずさんも同じ思いなんだなと読んでいて伝わってきました。

ホント、九州もすばらしいですよね。
「ぜひ里帰りしてくださいね」の言葉、どきっとしました。
ちょうど母とそれについて話していて、春まで延ばそうか、秋に帰ろうかと考えていたところでしたので、天啓かもと思いました。
今度帰ったら、長崎の街や五島の石造りの教会を撮りたいなと考えています。

気持ちが温かくなる言葉をありがとうございます。
こうやって共感できる存在があることの幸せを感じます。


by 55ritsuko | 2009-07-26 14:32 | Comments(29)

RITSUKO NISHIZAWA  photographer。中学教師18年→カナダ生活6年→故郷長崎を拠点に世界を旅する。


by 55ritsuko
プロフィールを見る
画像一覧